まおい作陶記
kayoh.exblog.jp

北海道・長沼町からメロン灰の陶芸、可窯・岩井孝道が近況をお伝えしますー現在、札幌から配信中ー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
荒木さん、久々にようこそ..
by TAKAMICHI_IWAI at 13:49
やっぱり気軽に遊べるご近..
by ご近所Mail at 16:03
下田さん、その節はお世話..
by TAKAMICHI_IWAI at 16:51
メロン灰の箸置をお持ちと..
by 岩井孝道 at 17:26
昨年東京から帰ってきまし..
by メロンの作品を持っています at 23:55
では、いま一つ。 いま..
by 荒木範幸 at 19:22
荒木さんの言うようにフィ..
by 岩井孝道 at 11:42
私もヨーグルトは大好きで..
by 荒木範幸 at 17:44
失礼いたします。 作品..
by 作品発表広場 at 17:33
いやぁ、本当に暑い日が続..
by 岩井孝道 at 22:38
最新のトラックバック
風の銘々皿
from メロン灰の陶芸、可窯 ショッ..
検索
タグ
記事ランキング
画像一覧
いわい陶芸サークル その23
田代貞夫
e0144566_104224.jpg

田代貞夫
e0144566_1045064.jpg

田代貞夫
e0144566_105495.jpg

柴田雄吉
e0144566_1094565.jpg

大窪健一
e0144566_10105775.jpg

大窪健一
e0144566_101271.jpg

小屋畑文吉
e0144566_10131460.jpg

早川和美
e0144566_11321814.jpg

早川和美
e0144566_1125654.jpg

荒木篤子
e0144566_11255434.jpg

荒木篤子
e0144566_11261983.jpg

朝日和美
e0144566_1137711.jpg

街道みな子
e0144566_1138296.jpg

小林弘子
e0144566_11391584.jpg

小林弘子 拡大
e0144566_1140306.jpg

築地洋子
e0144566_11414658.jpg

テストピース
e0144566_11425989.jpg

[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2017-04-25 10:13 | いわい陶芸サークル
第3期長沼陶芸教室
9月末から始まった第3期長沼陶芸教室が12月21日窯出しがおこなわれ、無事終了いたしました。
4人の参加者のうち2人が一線で活躍されるクリエーターとあって、皆が程よい刺激を受けあいながらも和気あいあいの工房でした。陶芸教室ってたのしいですね。ある意味プロにはできない自由さがあってそれが魅力です。

それでは皆さんの作品を紹介します。

昆田双樹の照明です。 これを作った昆田双樹さんはお仕事で木とガラスなどを組合せた照明も作っているそうです。だからこういう発想ができるのでしょうか?この作品の下部が陶芸です。円柱をつくり、光りがもれるようにスレッドをいれりんご灰釉を極薄くかけています。ランダムに漏れた光が美しいです。
e0144566_1953680.jpg

昆田双樹 照明 粘土の丸い板をひらひらさせて何をされているのかと思って見ていましたらこのような照明になりました。
e0144566_20191227.jpg

昆田双樹 小さな花入 2種
e0144566_20203911.jpg

Y.Y 片口 そーっとしておいてくださいといつも言うY.Yさん、鳥を連想させてくれる片口を作りました。
e0144566_20221352.jpg

Y.Y 布目平鉢 
e0144566_20303641.jpg

Y.Y 小さな蓋物
e0144566_20331075.jpg

上杉愛 犬の小鉢
e0144566_2035951.jpg

上杉愛 魚と海藻の小鉢
上杉愛さんは長沼で工房のらを開いておられる金工作家さんです。
細かな模様は苦にはぜんぜん気にならないようでした。
e0144566_2036384.jpg

上杉愛 小鉢 2種
e0144566_20375049.jpg

上杉愛 カブトムシと蝶のコーヒー碗
e0144566_20403163.jpg

上杉愛 醤油さし
e0144566_2042577.jpg

上杉愛 猫のお皿
e0144566_2044665.jpg

上杉愛さんの作品です。花や葉を浮かし彫りりんご灰釉を撥水して模様を出しています。とても手間のかかる作陶です。上杉さんは今回が初めての作陶ですがのびやかで明るい作風がすでにあるようです。
e0144566_2057666.jpg

昆田美晴 丼
e0144566_20585066.jpg

昆田美晴 マヨネーズ立て
e0144566_210526.jpg

昆田美晴 幾何文長方皿  この器、長さ30㎝はあろうかというほどの大きな長方皿で良い焼き上がりとなりました。これからクリスマス、お正月、来客の時にも大活躍すると思います。
e0144566_2113646.jpg

早速、お正月に使ったそうです。
e0144566_20263899.jpg

[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-12-24 19:53 | 長沼陶芸教室
いわい陶芸サークル その22
2016年秋の窯出が今日ありました。
皆さん、それぞれいろいろな工夫をしてとても個性豊かな窯出となりました。

田代貞夫  京都特上土にりんご灰釉 楓文組鉢
e0144566_1630423.jpg

田代貞夫  信楽特赤土にカオリンマット釉 楓文湯呑
e0144566_16324031.jpg

柴田雄吉  京都特上土に石灰4号釉 菱文水注
e0144566_1636925.jpg

柴田雄吉  石灰4号釉 七宝文香炉
e0144566_1638023.jpg

柴田雄吉  石灰4号釉 イッチン手 幾何文陶匣
e0144566_16402054.jpg

柴田雄吉        練上 角皿
e0144566_16414380.jpg

大窪健一  合成備前土に緋襷 大鉢
e0144566_16432012.jpg

大窪健一  合成備前土に緋襷 大鉢(裏)
e0144566_1646075.jpg

大窪健一  京都特上土にりんご灰釉 呉須刷毛目 鉢  
e0144566_175308.jpg

小屋畑文吉 信楽古陶細目土にりんご灰釉 茶碗 と 信楽古陶細目土に瑠璃釉とりんご灰釉 鉢
e0144566_17142577.jpg

早川和美  半磁器土にりんご灰釉 幾何文四方皿
e0144566_17172954.jpg

早川和美  黒土に白化粧土 搔き落とし花文皿
e0144566_17205173.jpg

早川和美  黒土に石灰4号釉と白萩釉 皿  京都特上土に白マット釉と鉄赤、瑠璃釉掛分小鉢
e0144566_1723655.jpg

倉田恭子  信楽特赤土に石灰4号釉 線文飯碗
e0144566_1735048.jpg

倉田恭子  信楽特赤土に鉄赤釉 マグカップ
e0144566_17364224.jpg

倉田恭子  信楽特赤土に白萩釉 線文飯碗
e0144566_17384193.jpg

大浪憲子  京都特上土にりんご灰釉六寸皿と京都特上土に瑠璃釉六寸皿 他
e0144566_17524748.jpg

大浪憲子  萩土にりんご灰釉 刷毛目飯碗と湯呑
e0144566_17562363.jpg

築地洋子  京都特上土にりんご灰釉 赤化粧土刷毛目小鉢
e0144566_1805548.jpg

荒木篤子  信楽赤水簸土にりんご灰釉 刻文湯吞 他
e0144566_1833265.jpg

荒木篤子  信楽特赤土に石灰4号釉 刷毛目平鉢
e0144566_1854536.jpg

荒木篤子  信楽赤水簸土に白萩釉 楕円取皿
e0144566_18202214.jpg

小林弘子
e0144566_18161984.jpg

e0144566_18164420.jpg

小林弘子
e0144566_181825.jpg

街道みな子 信楽特赤土に白萩釉珈琲碗と信楽特赤土にカオリンマット釉、鉄赤釉湯呑
e0144566_1823481.jpg

岩井孝道  信楽新特こし土に瑠璃釉
e0144566_18255258.jpg

[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-10-31 15:00 | いわい陶芸サークル
2016年秋の窯詰め
2016年10月28日、今日の札幌・ちえりあの陶芸サークルは釉薬をかけ、窯詰めをしました。自分の釉薬を作る人もいます。焼き上がりがとても楽しみです。
e0144566_17371813.jpg
e0144566_17374723.jpg
e0144566_17383946.jpg

会員皆焼き上がりを楽しみに笑顔がたえません。

10月31日には出来上がります。
[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-10-30 17:39 | いわい陶芸サークル
岩井孝道の仲間たち・アロマと陶芸6人 2016
2016年10月19日から25日まで札幌・丸井今井で開かれました「岩井孝道の仲間たち・アロマと陶芸6人」をまとめてみました。
私たちにこの展示会はとても思い出深いものとなりました。

なお、展示台として無垢板のテーブルをこころよくお貸し頂いた
恵泉ノア製作所(木下肇 所長)にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

写真撮影はリメイクアートの古川祐子さんです。

下の写真は小さなスペースですけど、メインテーブルです。
作品は左手前から 山下真理作「香りのお膳」
左奥が 三上一正作「青瓷香瓶(アロマポット)」
左上が 古川祐子作「アロマと鳥」
中央手前が 池上ふくみ作「りんご灰釉三種盛皿」
中央奥が 武田円作「仁木白 水指」
右手前が 本田麻亜沙作「メロン灰青白磁の鉢」
右奥が 池上ふくみ作「りんご灰釉 香りの塔」です。
e0144566_3113918.jpg

次は会場となったザ・ステージ#リビングの全景です。
手前の作品群は武田円さんで仁木産のゼオライトという鉱物を釉薬に使っていることから「仁木白」と呼ぶ手法を手掛けています。
e0144566_3133346.jpg


e0144566_31417.jpg

この展示会は丸井今井も力を入れてくださり、まるい通信という広告に使っていただいたり、地下2階のショーウインドウにも作品を展示してくれました。
この画像は地下2階のショーウインドウです。

左から武田円さんの「仁木白 片口」
三上一正さんの「青瓷 香瓶」
山下真理さんの「香りのお膳」
古川祐子さんの「カエデのブローチ」と「落ち葉のブローチ」
e0144566_3154146.jpg

次の作品は山下真理さんの「香りのお膳」です。これには次のようなコメントが寄せられています。

香りを一つずつ、香り比べたり、ブレンドしたり、(オンコ、エンジュ)の手作りのお膳の上で、手作りの小さな器の中に自分の香りの世界を作ってみましょう。
やさしい、ゆっくりとした自分だけの時間を過ごすためのかわいい道具たち。
“心呼吸”への静かな時にいざなってくれるでしょう。

檜:日本を代表する木のかおりといって良いでしょう。脳を涼やかにします。

杉:日本のフィトンチットの香りといってよいでしょう。テルペン類を多く含みます。

翌檜(アスナロ):青森ではヒバと言われヒノキチオールを含み精油にはテルペンのツヨプセンが多いのが特徴。

大和橘(ヤマトタチバナ):シークアーサとこれのみが日本原産の柑橘類です。リモネンが主成分。

ヤブニッケイ:クスノキ科。ヤブはエセの意。
シナモンの香りです。これも日本古来の木です。
e0144566_319235.jpg

アロマセラピストの山下真理さんに私オリジナルブレンドのアロマオイルを作ってもらいました。
e0144566_3212245.jpg

武田円さんの「仁木白 掛け分け 楕円皿」です。

このお皿は円山のフランス料理店「イルドフランス」からパン皿として見本提供のお話がありました。実現するといいですね。

お皿の上にのっているピアスは古川祐子さんの作品です。
e0144566_325296.jpg

鹿追町の三上一正さんの「青瓷香瓶」(アロマポット)です。
e0144566_3265471.jpg

e0144566_432815.jpg

長沼で陶芸をしている池上ふくみさんの作品です。

左が「長沼の食を愉しむ」で筒渕信子さんの料理を楽しんだお膳です。

中央手前が「りんご灰釉三種盛皿」で丸井今井の広告に使われました作品です。
e0144566_3345013.jpg

アップの写真もありました。
e0144566_336192.jpg

古川祐子さんの赤いバッグです。
写真右の作品は全て手縫いでとても手間がかかっているそうです。
e0144566_3465941.jpg

鹿追町・三上一正さんの「白釉楕円大皿」に
古川祐子さんの「落ち葉のブローチ」と「カエデのブローチ」
e0144566_3482749.jpg

札幌・西区で作陶する「メロン灰青白磁の器」です。
e0144566_423247.jpg

お出かけいただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで無事終了させていただくことができました。
次回に向け、また頑張りたいと思っております。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-10-19 10:00 | 展示会