まおい作陶記
kayoh.exblog.jp

北海道・長沼町からメロン灰の陶芸、可窯・岩井孝道が近況をお伝えしますー現在、札幌から配信中ー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
荒木さん、久々にようこそ..
by TAKAMICHI_IWAI at 13:49
やっぱり気軽に遊べるご近..
by ご近所Mail at 16:03
下田さん、その節はお世話..
by TAKAMICHI_IWAI at 16:51
メロン灰の箸置をお持ちと..
by 岩井孝道 at 17:26
昨年東京から帰ってきまし..
by メロンの作品を持っています at 23:55
では、いま一つ。 いま..
by 荒木範幸 at 19:22
荒木さんの言うようにフィ..
by 岩井孝道 at 11:42
私もヨーグルトは大好きで..
by 荒木範幸 at 17:44
失礼いたします。 作品..
by 作品発表広場 at 17:33
いやぁ、本当に暑い日が続..
by 岩井孝道 at 22:38
最新のトラックバック
風の銘々皿
from メロン灰の陶芸、可窯 ショッ..
検索
タグ
記事ランキング
画像一覧
いわい陶芸サークル その22
2016年秋の窯出が今日ありました。
皆さん、それぞれいろいろな工夫をしてとても個性豊かな窯出となりました。

田代貞夫  京都特上土にりんご灰釉 楓文組鉢
e0144566_1630423.jpg

田代貞夫  信楽特赤土にカオリンマット釉 楓文湯呑
e0144566_16324031.jpg

柴田雄吉  京都特上土に石灰4号釉 菱文水注
e0144566_1636925.jpg

柴田雄吉  石灰4号釉 七宝文香炉
e0144566_1638023.jpg

柴田雄吉  石灰4号釉 イッチン手 幾何文陶匣
e0144566_16402054.jpg

柴田雄吉        練上 角皿
e0144566_16414380.jpg

大窪健一  合成備前土に緋襷 大鉢
e0144566_16432012.jpg

大窪健一  合成備前土に緋襷 大鉢(裏)
e0144566_1646075.jpg

大窪健一  京都特上土にりんご灰釉 呉須刷毛目 鉢  
e0144566_175308.jpg

小屋畑文吉 信楽古陶細目土にりんご灰釉 茶碗 と 信楽古陶細目土に瑠璃釉とりんご灰釉 鉢
e0144566_17142577.jpg

早川和美  半磁器土にりんご灰釉 幾何文四方皿
e0144566_17172954.jpg

早川和美  黒土に白化粧土 搔き落とし花文皿
e0144566_17205173.jpg

早川和美  黒土に石灰4号釉と白萩釉 皿  京都特上土に白マット釉と鉄赤、瑠璃釉掛分小鉢
e0144566_1723655.jpg

倉田恭子  信楽特赤土に石灰4号釉 線文飯碗
e0144566_1735048.jpg

倉田恭子  信楽特赤土に鉄赤釉 マグカップ
e0144566_17364224.jpg

倉田恭子  信楽特赤土に白萩釉 線文飯碗
e0144566_17384193.jpg

大浪憲子  京都特上土にりんご灰釉六寸皿と京都特上土に瑠璃釉六寸皿 他
e0144566_17524748.jpg

大浪憲子  萩土にりんご灰釉 刷毛目飯碗と湯呑
e0144566_17562363.jpg

築地洋子  京都特上土にりんご灰釉 赤化粧土刷毛目小鉢
e0144566_1805548.jpg

荒木篤子  信楽赤水簸土にりんご灰釉 刻文湯吞 他
e0144566_1833265.jpg

荒木篤子  信楽特赤土に石灰4号釉 刷毛目平鉢
e0144566_1854536.jpg

荒木篤子  信楽赤水簸土に白萩釉 楕円取皿
e0144566_18202214.jpg

小林弘子
e0144566_18161984.jpg

e0144566_18164420.jpg

小林弘子
e0144566_181825.jpg

街道みな子 信楽特赤土に白萩釉珈琲碗と信楽特赤土にカオリンマット釉、鉄赤釉湯呑
e0144566_1823481.jpg

岩井孝道  信楽新特こし土に瑠璃釉
e0144566_18255258.jpg

[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-10-31 15:00 | いわい陶芸サークル
2016年秋の窯詰め
2016年10月28日、今日の札幌・ちえりあの陶芸サークルは釉薬をかけ、窯詰めをしました。自分の釉薬を作る人もいます。焼き上がりがとても楽しみです。
e0144566_17371813.jpg
e0144566_17374723.jpg
e0144566_17383946.jpg

会員皆焼き上がりを楽しみに笑顔がたえません。

10月31日には出来上がります。
[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-10-30 17:39 | いわい陶芸サークル
岩井孝道の仲間たち・アロマと陶芸6人 2016
2016年10月19日から25日まで札幌・丸井今井で開かれました「岩井孝道の仲間たち・アロマと陶芸6人」をまとめてみました。
私たちにこの展示会はとても思い出深いものとなりました。

なお、展示台として無垢板のテーブルをこころよくお貸し頂いた
恵泉ノア製作所(木下肇 所長)にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

写真撮影はリメイクアートの古川祐子さんです。

下の写真は小さなスペースですけど、メインテーブルです。
作品は左手前から 山下真理作「香りのお膳」
左奥が 三上一正作「青瓷香瓶(アロマポット)」
左上が 古川祐子作「アロマと鳥」
中央手前が 池上ふくみ作「りんご灰釉三種盛皿」
中央奥が 武田円作「仁木白 水指」
右手前が 本田麻亜沙作「メロン灰青白磁の鉢」
右奥が 池上ふくみ作「りんご灰釉 香りの塔」です。
e0144566_3113918.jpg

次は会場となったザ・ステージ#リビングの全景です。
手前の作品群は武田円さんで仁木産のゼオライトという鉱物を釉薬に使っていることから「仁木白」と呼ぶ手法を手掛けています。
e0144566_3133346.jpg


e0144566_31417.jpg

この展示会は丸井今井も力を入れてくださり、まるい通信という広告に使っていただいたり、地下2階のショーウインドウにも作品を展示してくれました。
この画像は地下2階のショーウインドウです。

左から武田円さんの「仁木白 片口」
三上一正さんの「青瓷 香瓶」
山下真理さんの「香りのお膳」
古川祐子さんの「カエデのブローチ」と「落ち葉のブローチ」
e0144566_3154146.jpg

次の作品は山下真理さんの「香りのお膳」です。これには次のようなコメントが寄せられています。

香りを一つずつ、香り比べたり、ブレンドしたり、(オンコ、エンジュ)の手作りのお膳の上で、手作りの小さな器の中に自分の香りの世界を作ってみましょう。
やさしい、ゆっくりとした自分だけの時間を過ごすためのかわいい道具たち。
“心呼吸”への静かな時にいざなってくれるでしょう。

檜:日本を代表する木のかおりといって良いでしょう。脳を涼やかにします。

杉:日本のフィトンチットの香りといってよいでしょう。テルペン類を多く含みます。

翌檜(アスナロ):青森ではヒバと言われヒノキチオールを含み精油にはテルペンのツヨプセンが多いのが特徴。

大和橘(ヤマトタチバナ):シークアーサとこれのみが日本原産の柑橘類です。リモネンが主成分。

ヤブニッケイ:クスノキ科。ヤブはエセの意。
シナモンの香りです。これも日本古来の木です。
e0144566_319235.jpg

アロマセラピストの山下真理さんに私オリジナルブレンドのアロマオイルを作ってもらいました。
e0144566_3212245.jpg

武田円さんの「仁木白 掛け分け 楕円皿」です。

このお皿は円山のフランス料理店「イルドフランス」からパン皿として見本提供のお話がありました。実現するといいですね。

お皿の上にのっているピアスは古川祐子さんの作品です。
e0144566_325296.jpg

鹿追町の三上一正さんの「青瓷香瓶」(アロマポット)です。
e0144566_3265471.jpg

e0144566_432815.jpg

長沼で陶芸をしている池上ふくみさんの作品です。

左が「長沼の食を愉しむ」で筒渕信子さんの料理を楽しんだお膳です。

中央手前が「りんご灰釉三種盛皿」で丸井今井の広告に使われました作品です。
e0144566_3345013.jpg

アップの写真もありました。
e0144566_336192.jpg

古川祐子さんの赤いバッグです。
写真右の作品は全て手縫いでとても手間がかかっているそうです。
e0144566_3465941.jpg

鹿追町・三上一正さんの「白釉楕円大皿」に
古川祐子さんの「落ち葉のブローチ」と「カエデのブローチ」
e0144566_3482749.jpg

札幌・西区で作陶する「メロン灰青白磁の器」です。
e0144566_423247.jpg

お出かけいただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで無事終了させていただくことができました。
次回に向け、また頑張りたいと思っております。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-10-19 10:00 | 展示会
「長沼の食を愉しむ」のご案内
9月24日(土)に開かれます「長沼の食を愉しむ」のご案内いたします。

この催しはわたしのフェイスブックの友達だった筒渕信子さんの料理を福住にある「六軒村エンロケン」でいただいたのがきっかけです。
e0144566_1245684.jpg

いろいろと工夫されたクオリティーの高いランチで価格も誰にでもいただけるというものでした。

その後娘池上ふくみ(長沼町在住)の工房に筒渕さんが来てくださり、9月くらいに長沼で料理と食材と器のコラボで何かやろうということでざっくりと決めました。
e0144566_15125094.jpg

池上ふくみと私はプロの料理人に盛り付けてもらうことに強い関心を持っておりましたので話はトントンと弾みました。3人であれこれと知恵を絞った催しが次にご紹介するリーフレットのような内容です。
e0144566_15251741.jpg

e0144566_1521182.jpg


ご案内と申し上げてもこのイベントの中心「料理筒渕信子×獲れたて食材×池上ふくみの器」はお蔭様ですでに満席となっておりますことをまずはお詫び申し上げなければなりません。

10月1日(土)に行う農園見学にはまだ空きがございます。
お申込の方は 岩井孝道 TEL 080-3268-1260 までお電話ください。

また、ブログでは作陶の様子など途中で報告したいと思っています。
もちろん、当日のお花や器の撮影、お料理の撮影など皆様にお伝えする予定です。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-08-15 14:54 | 催しのご案内
第2期長沼陶芸教室
8月4日、第2期長沼陶芸教室の窯出しがありました。

今回初めて陶芸に挑戦のY.Y.さんは手び練りで全作品を作りました。
形への意図がはっきりとされていて、そしてゆっくりと時間をかけて制作することでオリジナルな陶芸となりました。
e0144566_13154053.jpg
e0144566_1316283.jpg
e0144566_13161935.jpg

同じく今回が初めての昆田美晴さんは電動轆轤に挑戦、プレートを2枚、丼を数個作りました。
轆轤の削りが上手で味のある作りをみせてくれました。
e0144566_13225899.jpg

e0144566_13252583.jpg

e0144566_13234447.jpg
e0144566_13242019.jpg

フェルト帽子作家の吉川ナミへさんは2年間陶芸を学んだこともあって蹴轆轤を自由に操っていました。
e0144566_13312090.jpg

e0144566_13314410.jpg

e0144566_13321013.jpg

e0144566_13323336.jpg

写真家の昆田双樹さんは今回が2回目です。手び練りで鎬文湯呑を制作、また1回目のランプシェードを発展させたデザインにも挑戦。見事に作り上げました。
e0144566_13392927.jpg

e0144566_13395240.jpg

また昆田双樹さんは何かと長沼陶芸教室にお気遣いいただき、おかげさまで円滑に進んでいます。
これらの作品の撮影も昆田双樹さんが引き受けてくれました。ありがとうございました。

窯出しの模様です。
e0144566_13455097.jpg

珈琲考房のランチで打ち上げもしました。
e0144566_13472364.jpg

e0144566_13474923.jpg

[PR]
# by TAKAMICHI_IWAI | 2016-08-04 10:00 | 長沼陶芸教室